勉強が苦手なあなたを変える効率的な勉強法

【まとめ】138個の効率化勉強法の解説講義(音声)を期間限定で公開!

夢なし高校生|どうしてもやりたいことが見つけられないあなたへ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
受験生に地頭を鍛えるノウハウを教え、下剋上合格に導いている勉強の専門家|得意なのは「最短・最速合格法」「地頭を鍛える勉強法」「問題解決コーチング」※ただの科目指導を教えるだけじゃうまくいかないと悟ったので、塾講師をやめて自分で塾を立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちら

りたいことってありますか?

高校生の頃の僕には
何一つやりたいことがありませんでした。

しかし、やりたいことがある受験生と
やりたいことがない受験生では
合格率には雲泥の差があります。

僕にはやりたいことがなかった。
それでも第一志望に逆転した。

その秘訣をお伝えします。

受験をスタートする時、
一番大事なことってなんでしょう。

勉強法を調べること?
予備校に入ること?
参考書を調べること?

 

これらももちろん大事なんですが、
一番初めにやってほしいことがあります。

これをやっているか、いないかが
そのまま合格率に響いてきます。

あなたが合格率を上げたいのなら、
必ずやっておいて欲しいのです。

 

特に、やりたいことがない受験生には
一番やっておいて欲しいです。

なぜなら、やりたいことがないままだと
合格率が著しく下がってしまうから。

合格率を上げるためにも、
大学に入って、思い通りに
あなたの人生を作っていくためにも
絶対に今日の記事は見逃さないでください。

 

あなたが絶対にやらなければいけないこと
それが『自己分析』です。

要するに、自分のことを
深く知るってことです。

 

これをやらないまま受験に突入してしまうと

例えば、成績に伸び悩み
勉強が苦しくなった時に

どうしたらそこから抜け出せるのかが
わからなくなってしまうんです。

受験がただ苦しいものになってしまって、
「なんで勉強してるんだろう…?」
ってなってしまうわけです。

 

そして、「ただ苦しいだけじゃん」

そう思って、いつしか勉強から逃げて
大学受験から逃げ出してしまうんです。

せっかく、頑張ってきたのに
もったいなさすぎますよね。

 

大学受験を戦い抜くためには
この『自己分析』がどうしても
必要になってくるんです。

これは後回しにすればするほど、
どんどん辛く、苦しくなってきます。

自己分析を先に済ませておくことで
受験に打ち込む意味とか、意義が
自分の中で明確になるんですね。

 

そうなってしまえば、
ちょっとやそっとの苦しさは
平気になってくるし、何より、
受験勉強を楽しめるようになるんです。

そして、夢とか目標が
見つからないって人も

これをやれば、
そのかけらが見つかるので、
ぜひやってみてください。

やりたいことの欠片の探し方

具体的な自己分析のやり方は

  1. 過去の自分を掘り返す
  2. 今の自分と照らし合わせる
  3. 未来の自分を想像する

この流れで進みます。


1.過去の自分を掘り返す

過去のあなたを思い出して、

  • どんなことをやってる時が楽しかったのか
  • 何をやっている時にワクワクしたのか

を考えてみてください。

次に、

  • 何をやっている時が嫌だったのか
  • やめたかったことは何なのか

を考えてみてください。

これがあなたの核になります。

2.今の自分と照らし合わせる

過去の自分を掘り返した結果をもとに、
今の自分がやっていることや考えていること

どの部分につながっているのかを
照らし合わせてください。

これが今のあなたの土台となります。

3.未来の自分を想像する

過去→今と進んできました。

じゃあ、未来に進むときに
過去から今にやってきた自分を
そのまま延長させると、
今から未来ではどんな自分になりそうかを

想像してみてください。

それが、今のまま進んだときの自分になります。

もし、この時点で

「嫌だ」と感じる自分が出てきたら

何が嫌なのか、なぜ嫌なのかを考えてみてください。


実際、僕もやりました。

高校生のときにやったのはこんな感じです。

1.過去の自分を掘り返す

  • 友達とワイワイやるのが好きだった
  • 人としゃべるのが好きだった
  • ゲームが好きだった
  • 物を分解するのが好きだった
  • 怒られるのは嫌いだった
  • 人から指図されている時が嫌だった
  • 夏休みの最後まで宿題を始められない
  • 夏休みの最後の日が嫌いだった

などなど、

2.今の自分と照らし合わせる

  • 友達と一緒に勉強するのが好き
  • 先生に質問しに行くのが好き
  • 理数系の方がまだマシ
  • 人から言われて勉強するのは嫌
  • やる気がないと言われると悔しい
  • 課題に追われるのが嫌だから先に終わらせようと頑張る

などなど、

3.未来の自分を想像する

  • 誰かと一緒に競い合いたい
  • 今度は逆に人に教えてみたい
  • 文系科目をやり続けるのは嫌
  • 理数系ならまだ頑張れそう
  • ダラダラしすぎる性格を直したい
  • 人に言われる前に自分でこなせる人間になりたい
  • 理数系の職業なら、エンジニアが向いているかな?

などなど、

 

こんな感じで、過去に自分がどうであって
今の自分がどんな感じでできていて

じゃあ、未来の自分はどうなっていきそうなのか
これを考えることで、
未来が想像できるようになります。

そうすれば、未来にどうなりたいから
今勉強するとか、こうすべきだっていう
指針が見えてくるので、

受験に打ち込むことができるようになりますよ!

 

下剋上合格特化の勉強効率を伸ばす法則を全て注ぎ込んで
しかも無料で配布することにしました

総ページ200ページを超える
全24章構成で勉強効率を伸ばすための
法則を全てまとめ上げた

スマホで読めるE-bookです。

是非、あなたの受験勉強の効率を
これでアップさせてください。

あと、そのうち有料予定なので
今のうちにゲットしてください。

さらに、何やらここでは言えない
『超豪華特典』も付いています。


 

この記事を書いている人 - WRITER -
受験生に地頭を鍛えるノウハウを教え、下剋上合格に導いている勉強の専門家|得意なのは「最短・最速合格法」「地頭を鍛える勉強法」「問題解決コーチング」※ただの科目指導を教えるだけじゃうまくいかないと悟ったので、塾講師をやめて自分で塾を立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちら

コメントをお願いします!

Copyright© 一流の勉強法 , 2016 All Rights Reserved.