勉強が苦手なあなたを変える効率的な勉強法

【まとめ】138個の効率化勉強法の解説講義(音声)を期間限定で公開!

暗記の新事実知ってますか?|暗記量は増やしてはいけないんです!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
受験生に地頭を鍛えるノウハウを教え、下剋上合格に導いている勉強の専門家|得意なのは「最短・最速合格法」「地頭を鍛える勉強法」「問題解決コーチング」※ただの科目指導を教えるだけじゃうまくいかないと悟ったので、塾講師をやめて自分で塾を立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちら

記量って実は…

ドンドン減らした方がいい
って
知ってましたか?

その衝撃の事実を知らない場合は
あなたの暗記力は100%限界を迎え、

覚えたくても覚えられない
泥沼の努力をすることになります。

今日は暗記の方法論について
シェアしていこうと思います。

というのもメルマガ読者の方から
こんな質問をいただいたんです。

(「メルマガ!?何それ!気になる!」
と思ったあなたはこちら)

↓↓↓

勉強効率化教材&極秘メルマガ
完全無料で受け取る!

 

いただいた質問がこちらです。


件名:質問です!

むーさん、こんにちは!
いつもお世話になってる高3のTです!

〜中略〜

私は一回覚えても、すぐ忘れてしまいます。

もともと記憶力が良くないのか
自分の頭が悪いのかな…
とか考えてしまいます。

何かいい方法はありますか?


 

この質問、あなたはどう思いますか?

この質問をくれた方は
本当に頭が悪いんでしょうか?

それとも、頭の良し悪し以外の他に
何か原因があるんでしょうか?

 

もし、あなたも記憶力が悪いと感じ
自分の脳を疑ってしまっているのなら
今日の話は必ず読んでください。

 

頭の良し悪しが暗記力に全く関係ないことを
この記事の中だけで、証明してみせます!

 

実は、覚えたことを忘れてしまうのは
頭の良し悪しは全く関係がありません。

なぜなら、人間は忘れる生き物だから。

 

あなたの脳みそも、例外なく
忘れることを前提に記憶を構成しています。

しかし、覚えたことを忘れにくい人と
すぐに忘れてしまう人がいるのも事実です。

では、この人たちはいったい何が
違うのでしょうか?

 

それは、暗記法に大きな違いがあるのです。
一番大きな違いが「暗記量」の考え方です。

 

その違いとは、、、

忘れやすい人は、暗記する量を
「増やそう、増やそう」と考えるのに対して

忘れにくい人は、暗記する量を
「減らそう、減らそう」と考えているのです。

 

そう、実は

暗記量は「減らしてなんぼ」

なのです。

 

例えば、英単語をあなたも覚えますよね?

単語帳を前から順番に最後まで
全て一言一句、覚えようとしていく。

 

これは忘れやすい「増やす」考え方です。

そうではなく、忘れにくい人は
単語帳の中で関連することを
意識して考えていきます。

 

もう少し具体的に説明してみましょう。

英単語の中に、

「nation」という単語があります。
これは「国民、国家」という意味です。

次に、「national」という単語が
出てきたとしましょう。

 

これは「国民の、国家の」という意味ですが、

暗記したことをすぐに忘れてしまう人は
「nation」と「national」を
完全に違うものとして認識し、暗記します。

 

反対に、忘れにくい暗記ができる人は
「nation」と「national」の共通点を見つけ
似たものとして分類して覚えていきます。

 

「nation」に接尾語「-al」がついて
形容詞化したと考えて、覚えるのです。

 

さらに、「position」という
「位置、場所」という意味の単語の次に

 

「positional」、「位置上の」という単語が出てきたら
同じように、「position」に接尾語「-al」がついて
形容詞化したと考えていきます。

 

すると、忘れやすい人の記憶では、

 

  1. 「nation=国民、国家」
  2. 「national=国民の、国家の」
  3. 「position=位置、場所」
  4. 「positional=位置上の」

という4つの暗記事項があるのに対して

 

忘れにくい人の記憶では

  1. 「nation=国民、国家」
  2. 「position=位置、場所」
  3. 「-al=形容詞化する」

という3つの暗記事項で済むのです。

 

これは一つの例として
わかりやすい英単語を使っていきましたが
どんな暗記に対しても全く同じです。

 

あなたは暗記事項を増やすのではなく、
減らしていくことを意識すべきなのです。

 

暗記量をある程度増やし、
基本的なものを覚えて行った後は
必ず暗記事項を「減らして」いく。

 

これを意識して暗記を進めると
あなたの記憶がどんどん強固になってきます。
まずは単語帳の裏表紙に
「暗記量は減らしてなんぼ」
と書くことから始めましょう!

 

下剋上合格特化の勉強効率を伸ばす法則を全て注ぎ込んで
しかも無料で配布することにしました

総ページ200ページを超える
全24章構成で勉強効率を伸ばすための
法則を全てまとめ上げた

スマホで読めるE-bookです。

是非、あなたの受験勉強の効率を
これでアップさせてください。

あと、そのうち有料予定なので
今のうちにゲットしてください。

さらに、何やらここでは言えない
『超豪華特典』も付いています。


 

この記事を書いている人 - WRITER -
受験生に地頭を鍛えるノウハウを教え、下剋上合格に導いている勉強の専門家|得意なのは「最短・最速合格法」「地頭を鍛える勉強法」「問題解決コーチング」※ただの科目指導を教えるだけじゃうまくいかないと悟ったので、塾講師をやめて自分で塾を立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちら

コメントをお願いします!

Copyright© 一流の勉強法 , 2016 All Rights Reserved.