勉強が苦手なあなたを変える効率的な勉強法

【まとめ】138個の効率化勉強法の解説講義(音声)を期間限定で公開!

勉強に集中できない時に読んで欲しい3つの集中力の高め方

 
この記事を書いている人 - WRITER -
受験生に地頭を鍛えるノウハウを教え、下剋上合格に導いている勉強の専門家|得意なのは「最短・最速合格法」「地頭を鍛える勉強法」「問題解決コーチング」※ただの科目指導を教えるだけじゃうまくいかないと悟ったので、塾講師をやめて自分で塾を立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちら

んか気が散ってしまって
勉強になかなか集中できない…

そんな時、ありませんか?

勉強に集中できない時は、必ず
あなたの集中を切れさせる原因があります。

勉強に集中できない時があるなら、
この記事で、あなたの原因をチェックしてみてください!

勉強に集中できない原因は
実は「人それぞれ」

よく受験生から
「勉強に集中できないんです」
っていう質問が届くんですが、

正直に言うと、その原因は
人によって異なります。

なぜ集中できないのかを掘り下げてみると

  • ある人は期限がないから
  • ある人は計画がないから
  • ある人は目標がないから
  • ある人は目的がないから
  • ある人は対象がないから
  • ある人は睡眠が足りないから
  • ある人は糖分が足りないから

などなど、集中できない原因一つとっても
その理由は人のよって様々あります。

ですが、勉強に集中できない時に
自分がなんで集中できないかなんて
なかなかわからないですよね。

そこで、今回の記事では、
あなたが集中できない原因を掘り下げるために
ある3つの集中法を紹介していきます。

 

集中できない時には種類がある

集中できない時には、その原因には
ある3つの種類があることを知っていますか?

実は、あなたが集中できないとしたら、
この3種類のいずれかが原因になっている
可能性が非常に高いのです。

この3つの種類のタイプ別集中法を
しっかりと知っていくことが

あなたが途切れることのない集中力を
しっかりと身につけていくために必要です。

種類ごと・タイプごとに
対策をしていくことが大事

しっかりとタイプ別に対策をしていけば
あなたが集中を切らしてしまったとしても、

  • なぜ今集中が切れてしまったのか
  • 集中しなおすにはどうすればいいのか
  • 集中を切れにくくするにはどうするのか

などがわかってきます。

そして、あなた自身、どのタイプの
集中力が特になくなりやすいのかも
同時に見えてくるんです。

では、しっかりその3種類の集中力について
学んで、身につけていきましょう!

 

勉強に集中できない時に考える
3種類のタイプ別集中力

これからお伝えしていくタイプ別集中力の
どれか1つでも抜け落ちてしまうと、
途端に、あなたの集中力は切れやすくなります。

3つとも、バランスよく
しっかりと身につけていくことが必要です。

タイプ別集中力:その1
【時間的集中力】

その1は「時間的集中力」です。

これは例えば、

  • 締め切り前にめちゃくちゃ集中できる
  • 定期テストの前の日の集中力が半端ない

とかいう類の集中力になります。

つまり、集中力っていうのは
「締め切り」が近づいてくればくるだけ

そして、その締め切りが
自分の中で守らなければならないと思っているほど
高い集中力を発揮しやすくなるのです。

 

「時間的集中力」が
発揮できていない人の特徴

勉強に集中できないときに
「時間的集中力」が発揮できていない人は

  • 勉強の締め切りを決めていない
  • 1つの問題にかける時間を先に決めていない
  • 何分で読みきるかを考える前に読み始める
  • 計画をそもそも立てていない

などの特徴があります。

 

「時間的集中力」を発揮するためには
しっかりと締め切りを自分で設定することが大切です。

受験勉強というのは、正直今日やらなくても
明日やってもいいような感じがします。

しかし、それではこの
「時間的集中力」が発揮できません。

自分で締め切りを決めて
自分で締め切りを守る

これを意識していくようにしましょう。

 

タイプ別集中力:その2
【意欲的集中力】

次が「意欲的集中力」と呼ばれるものです。

例えば、

  • 自分がやりたいと思っているゲーム
  • やっておかないとヤバい練習

などなど、自分が意欲を向けたものは
自然と集中しやすくなります。

 

「意欲的集中力」が
発揮できていない人の特徴

勉強に集中できないときに
「意欲的集中力」が発揮できていない人は

  • 「モチベーションが湧かない」と言う
  • 志望校に対しての想いが薄い
  • なんとなく受験勉強を始めた
  • 勉強したくないと思いながら勉強している

などの特徴があります。

 

意欲的集中力とは「モチベーション」が
高い人ほど発揮しやすくなる集中力なんです。

つまり、

  • 志望校に合格することの必要性が高いほど
  • 今やっている勉強の必要性を認識しているほど

「意欲的集中力」はドンドンと高まります。

逆にこれらの必要性がよくわかっていないと、
「意欲的集中力」が高まっていきません。

もし、あなたが「意欲的集中力」が
発揮できていないと思うなら、

それは、志望校への想いが薄かったり、
勉強に対する苦手意識が強すぎたり、
今している勉強の目的が薄いのかもしれません。

実際に志望校へ足を運んでみたり、
勉強の苦手意識を薄める対策をしたり、
今やっている勉強の目的を見直してみてください。

 

タイプ別集中力:その3
【物的集中力】

最後が、「物的集中力」です。

例えば、

  • 目の前にやることが一つしかなかったり
  • やるべきことが一つに絞れたりすると

発揮しやすくなる集中力です。

 

「物的集中力」が
発揮できていない人の特徴

勉強に集中できないときに
「物的集中力」が発揮できていない人は

  • 同じような参考書や問題集がたくさんある
  • 5教科の成績を全部同時に上げようとしている
  • 机の上にいくつもの問題集が出されている
  • 今からやることを絞らないまま勉強を始める

などの特徴があります。

 

この物的集中力が薄まってしまうのは、
「やるべきこと」が「たくさん」あるときです。

例えば、あれもこれも、と
参考書や問題集を買い込んでしまうと
ドンドンとこの集中力が削がれてしまいます。

いろいろな勉強を同時進行させる
マルチタスクがダメな理由も
この「物的集中力」が減ってしまうからです。

もし、あなたが
「物的集中力」が発揮できてないな
と感じているなら、まずは

  • 使う参考書を1科目1冊に絞る
  • 使う問題集を1つの勉強で1冊に絞る
  • 成績を伸ばす科目を決めて勉強する

などを考えて、計画を立て直してみてください。

 

こんな風に、集中できないというのも

しっかりと分析して対策をしてけば
集中力はドンドンと伸ばしていける

んです。

あなたも集中力が切れてしまいがちになった時、
この記事の内容を参考にしてみてくださいね。

さらに詳しい集中力の上げ方を知りたい方は
ぜひ、僕の教材を受け取ってみてください!

 

下剋上合格特化の勉強効率を伸ばす法則を全て注ぎ込んで
しかも無料で配布することにしました

総ページ200ページを超える
全24章構成で勉強効率を伸ばすための
法則を全てまとめ上げた

スマホで読めるE-bookです。

是非、あなたの受験勉強の効率を
これでアップさせてください。

あと、そのうち有料予定なので
今のうちにゲットしてください。

さらに、何やらここでは言えない
『超豪華特典』も付いています。


 

この記事を書いている人 - WRITER -
受験生に地頭を鍛えるノウハウを教え、下剋上合格に導いている勉強の専門家|得意なのは「最短・最速合格法」「地頭を鍛える勉強法」「問題解決コーチング」※ただの科目指導を教えるだけじゃうまくいかないと悟ったので、塾講師をやめて自分で塾を立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちら

コメントをお願いします!

Copyright© 一流の勉強法 , 2017 All Rights Reserved.