勉強が苦手なあなたを変える効率的な勉強法

【まとめ】138個の効率化勉強法の解説講義(音声)を期間限定で公開!

【国公立志望の人へ】センター試験を弾丸突破する最強の攻略法

 
この記事を書いている人 - WRITER -
受験生に地頭を鍛えるノウハウを教え、下剋上合格に導いている勉強の専門家|得意なのは「最短・最速合格法」「地頭を鍛える勉強法」「問題解決コーチング」※ただの科目指導を教えるだけじゃうまくいかないと悟ったので、塾講師をやめて自分で塾を立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちら

国公立大学志望のあなたへ

今日はセンター試験を突破する
最短最速のセンター攻略法をお伝えします。

いくらセンターといえども、
間違った対策を取れば、
あなたの最終的な受験の合否に
深刻な影響を与えてしまいます。

 

今日の記事に書いてあることを知らずに
もしもセンター対策を進めてしまうと、
あなたの合格は非常に厳しくなります。

センター試験で満足な点数が取れずに、
二次試験を受けることすらできないまま、
第一志望を諦めることになってしまうでしょう。

国公立志望のあなたは、
必ず確認しておいてください!

もしもあなたが、自称進学校だった場合、
かなり早い段階から、センターについて
「あーだこーだ」聞かされていると思います。

 

先輩たちが受けたセンターを解かされ
「目標は8割だ」と聞かされ、
2年生の段階でも、マーク模試を
開催されていることだと思います。

 

「やべえ、3割しかとれてねえよ」
「センターむずすぎだろ、こんなんでなんとかなるのか?」

なんて感じで焦っている人も多いと思います。

 

大丈夫です。

僕も、先輩が受けたセンター試験
(2年生の1月20日に受けさせられました)

900点満点中、276点しか
取れなかったのをよく覚えています。

 

あの時は、すごく焦りましたね。

「やばいやばい」と友達と言い合っていたのを
昨日のことのように覚えています。

 

ですが、あなたに今、断言します。

難関国立志望のあなたは
センター試験の総合点は
11月に入る
まで無視して構いません。

 

大事なことなのでもう一度言います。

国公立に入るあなたは、
センター試験の総合点は
11月に入るまで無視しましょう。

 

確かに、センターで8割を切った状態のまま
本番を迎えるのはまずいです。

今、3割にすら届いていない人も多いと思います。

 

しかし、あなたが第一に考えるべきは

『二次試験でも必要な科目対策』なのです。

 

まずは二次試験を突破できる
実力を頑張って付けていく。

そして、それを終えてから
センターのみの科目に移る。

 

これが受験勉強の王道であり、
最強の戦略です。

 

 

特に、難関と言われる国公立では
センター試験と二次試験の比率が
半々以上に二次試験に偏っています。

 

しかも、二次試験を解ければ
その科目のセンター試験は必ず解けます。

反対にセンターで楽々9割を超えても、
二次試験できちんと得点できなければ落ちてしまいます。

 

あなたのような難関国公立志望の受験生にとって、
センター試験とはそういうものです。

 

決して軽く見ろと言っているわけではありません。

しかし、二次試験できちんと得点できていなければ、
たとえセンターが満点だろうが、容赦なく落とされるのです。

 

これは、難関国公立からのメッセージなんです。

 

選択式のクイズのようなセンター試験ではなく、
本質的な理解と思考が必要な二次で得点できる人が欲しい。

これは大学からのメッセージであるという以上に、
これからの社会をエリートとしてリードしていく
あなた達への時代の要請です。

 

事実の正誤を判別できれば良い程度の
センターで求められる能力は
もはや入試が終わればなんの役にも立ちません。

 

そんなことは、これからの時代は
コンピューターが代わりにやってくれます。

単純な事実の正誤なんて
Google先生に尋ねるだけでわかります。

 

しかし、本当に大切なことは、
生身の人間が自らの頭で考えなければなりません。

どんな方向に科学技術を発展させればいいのか。
私達の社会はどのようにあるべきなのか。
私達は将来の世代にどのような価値を残せばいいのか。

 

わかりやすい例が原発問題です。

この問題について、本質的な議論をするときに
話し合うべきなのは発電所の部品の名前でも、
放射性物質の化学式に関することでもありません。 

 

僕らが経済発展をどの段階まで優先するのか。
人命に関わるリスクをどの程度まで考慮するべきなのか。
将来の世代にかける負担はどの程度までなら許容されるのか。

このようなことを考えるには、物事の本質の理解や、
現実に起こった事象に対する深い洞察力が不可欠です。

 

もちろん、ただの普通の人として
重たい責任を持たず、日々を単純作業の繰り返しで
ただ生きていきたいだけならば、そんな能力いりません。

しかし、難関国公立に入学するあなたは、
普通の人達とは違う生き方をするのが宿命なんです。

 

世間からエリートとして見上げられ、
多数の血税を自分の勉強のために使ってもらう。

その代償として、上述のようなことを
生きていく限り模索し続け

世間一般の人たちに進むべき道を
教えていかなければならないんです。

 

あなたもこのようなことに
薄々気づいているからこそ、
難関国公立を志望しているはずです。

 

小手先のテクニックや単純な知識で
勝負が決まるセンター試験は、
11月に入るまでは無視しましょう。

二次試験対策に、今は全力を尽くしてください。

 

 

今、センター対策をしようなどという考えは
これを読んだ瞬間から捨ててください。

 

少なくとも夏休みが終わるまでは
二次試験対策(特に英数)で構いません。

 

そして、家に返ったら、センター用の教材は
一旦、目に見えない場所に隠してしまいましょう。

何か聞きたいことがあれば、
コメントしてください。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

むーより

 

下剋上合格特化の勉強効率を伸ばす法則を全て注ぎ込んで
しかも無料で配布することにしました

総ページ200ページを超える
全24章構成で勉強効率を伸ばすための
法則を全てまとめ上げた

スマホで読めるE-bookです。

是非、あなたの受験勉強の効率を
これでアップさせてください。

あと、そのうち有料予定なので
今のうちにゲットしてください。

さらに、何やらここでは言えない
『超豪華特典』も付いています。


 

この記事を書いている人 - WRITER -
受験生に地頭を鍛えるノウハウを教え、下剋上合格に導いている勉強の専門家|得意なのは「最短・最速合格法」「地頭を鍛える勉強法」「問題解決コーチング」※ただの科目指導を教えるだけじゃうまくいかないと悟ったので、塾講師をやめて自分で塾を立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちら

コメントをお願いします!

Copyright© 一流の勉強法 , 2016 All Rights Reserved.